2006年02月01日

ファイナンシャルプランナー合格者の勉強法(ファイナンシャルプランナー合格戦略)

彼女と遊びながら合格できる記憶術・勉強法

〜大学受験・資格試験勉強法〜





〜ファイナンシャルプランナー合格戦略

*******************************
人気ブログランキングはこちら




2級ファイナンシャルプランニング技能士(AFP)資格取得


▼予備校に通う必要はあるか?

まず、この試験は、勉強のやりかたを間違えなければ、誰でも取得できるということが一番強調したい点です。そして、高額な予備校に通う必要は全くありません。

私の場合は、なるべく安く試験に合格しようと思い、ユーキャンの通信講座を利用しました。
現在はどうか分かりませんが、当時は約6万円でした。

ユーキャンを選んだのは、教材が特別優れているというわけではなく、かなり安く済むからということです。予備校に通うと数十万することも稀ではありません。それに比べたら、やはりこの料金は安いと思います。

私の場合は、金融関係に勤めているわけではなかったので、AFP試験を受けるためには、認定講座を終了する必要がありました。(ユーキャンはもちろん認定講座でした)

この認定講座を修了するためには、『提案書』という最終課題を完成させる必要があります。

名目上は、全てのテキストの勉強終了後に、この『提案書』を提出して、その内容に対して合格しなくてはなりません。

(これは、FPとしては唯一、形のある商品です。あなたのお金の収支が、今はこうなので、ここを変えるとお金の状況がこう変化しますよというレポートのようなものです)


ということは、つまりこの提案書を完成させることが、FP合格の条件なのです。
その為にも、テキストで言うところの、『ライフプランニング』について、一通り読みましょう。

この『ライフプランニング』は、FPの基礎知識でもあり、まとめでもあります。
ですので、このテキストを読めば講座終了の課題である『提案書』は完成できます。

提案書を作成するのには、けっこうな労力が必要ですが、実践的な知識を得ることができますので、意外と楽しいですよ。
この時の注意点として、あまり凝った事をしないでください。
(保険の見直しで解決するのに、「投資をする」みたいな変なオリジナリティーは出さないでください)

ユーキャンの場合ははサンプルがついていますので、それに沿って書いていきましょう。

(そのほかの認定講座も同じようなものだと思います)

これで、認定講座は合格です。

▼ 2級ファイナンシャルプランニング技能士試験対策

では次に、いよいよ国家試験である、2級ファイナンシャルプランニング技能士試験についてです。

試験対策は、ずばり、過去問を繰り返すことに尽きます。
まずは、過去2年分の過去問を入手しましょう。
(2級ファイナンシャルプランニングの試験は、年に3回ありますので、6回分ということになります)

では、合格への順序を説明します。

まず、最新の過去問を解いてみる
問題を解く→答え合わせ
この流れで一問一問進める。

一回目はほとんど分からないと思いますが、問題ありません。
そこで、必ず解答の解説を読んで、理解してください。
それでも難しい場合は、講座のテキスト本体をしっかり読んでください。
(当然、該当箇所を探しながらですので、時間はかかります。)
この流れで、全ての問題を解きます。
(筆記と実技、両方こなします)

全然わからない中なので、苦しいですが、大切な段階なのであきらめないでください。

ここを超えれば、後で楽になります。
このくらいは耐えられないと、合格できません!

最新の過去問が終わったら、最新より一回前の過去問で同じことをします。
この流れで、2年分(1年3回×2年=6回分)の過去問をこなします。

この時点で、テキストのほとんど全ての部分を読み込んでしまうことになります。
かなり時間がかかったでしょうが、気にする必要はありません。
普通の人がテキストを読み込むだけの時間に、あなたは2年分の過去問を一通り解いているのですから。

二回目からは、同じように、最新の過去問から解いていきます
問題を読んで、答えを選択→回答を読んで、理解をする。

あとはこれを繰り返します。
そのうちに、電車の中や、ちょっとした空き時間にこれができるようになります。
試験までに最低でも5〜6回繰り返します。

進めていくと分かるのですが、覚えたところから、結構忘れていますので、しつこいくらいに繰り返します。

注意点としては、くれぐれも他の教材は買わないでください。
過去問は、過去問題になるくらい重要な問題が載っています
(あたりまえ!)
でも、それくらい重要なのだから、似たような問題がまた出る確率が高いです。

学習期間ですが、
私の場合は、提案書の作成に1ヶ月
テキストと並行した過去問の為に2ヶ月
そして、過去問の繰り返しを3ヶ月やりました。
(合計6ヶ月)

一日平均で2時間くらいの勉強でした。
(机に向かっては)
プラス、電車通勤でしたので、往復の40分くらいは過去問を目で追っていました。
このペースを週5日くらいでした。

そして試験前の1月は、一日平均で4時間と電車プラス、仕事中の昼休みに1時間を週6でした。

これだけやれば十分です。
(十分すぎです!)
そしてアドバイスとしては、この試験が終わった直後に、上級資格に挑戦しましょう。
ブランクがあると、けっこう忘れてしまいますので。



この勉強法に関する記事が役になったという方はポチっとな

  ↑ 合格祈願クリック。

頭のよくなる勉強法の目次はこちら



もしもあなたに1時間あれば

あなたは今までになく効率のよい勉強法を知ることができます







この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kioku1/50442227